男子100メートルで日本人初の9秒98!続くのは誰?

短距離スタート

短距離スタート

2017年9月9日、陸上の日本学生対校選手権で日本記録が出ました。
その記録を出したのは東洋大の桐生祥秀選手で9秒98。
男子100メートルで日本人初となる9秒台で、実に19年ぶりの記録更新となりました。

こうなると、まぐれだったのかこれからずっと9秒台をだせるのか、他の選手も続くことができるのかなど気になるところですよね。
ということで勝手に予想してみました。

スポンサーリンク

桐生祥秀

読み方は「きりゅう よしひで」
1995年12月15日生まれ(21歳)
身長 176cm
体重 70kg
小学校ではゴールキーパーとしてサッカーをしていました。
中学校に入ってから陸上を始めたようです。
中学校総合体育大会では2位になったりと活躍しましたが、腰痛や肉離れに苦労しました。
高校1年の国体では10秒58。
高校2年では、だんだんとタイムを上げてきて、10秒19に。
高校3年の織田記念100m予選では10秒01を記録しています。
それから4年経った2017年に9秒98を記録。
追い風参考記録だったら2015年3月28日に9秒87を出しています。

追い風参考記録とは

追い風参考記録とは、追い風2.0m/sを超える風速状況における陸上競技記録です。
順位は記録されても公認記録にはなりません。
「追い参」(おいさん)という何だかかわいい呼ばれ方をします。

多田修平

1996年6月24日生まれ(20歳)
中学から陸上を始めました。

サニブラウン・アブデル・ハキーム

1999年3月6日生まれ(18歳)
ガーナ人の父と日本人の母をもちます。

この二人だけではないですが、次に9秒台を出すのに最も近いのではないでしょうか。