名前の由来

ことば

かきつばた 花の名前の由来は「書き付く」林先生のことば検定+

5月に見頃を迎える花のひとつに「かきつばた」があります。2020年5月11日の林先生のことば検定+では「かきつばたの花の名前の由来は?」という問題が出ました。そこで、「日本の植物学の父」といわれた牧野富太郎について、染め物について、薬狩についてなど調べてみました。
ことば

「メリケン粉」名前の由来とは?コナモンの日の林先生のことば検定+

5月7日は「コナモンの日」。「コナモン」とは粉物あるいは捏ね物が変化した言葉だとされ、粉でできた食べ物全般を指します。小麦粉を「メリケン粉」とも言いますが、林先生のことば検定+で「メリケン粉の名前の由来とは?」という問題が出ました。メリケンと言ったら「少年メリケンサック」でしょ。