クレイジージャーニーに水族館の仕掛け人として出演する世界中の水族館に生物を納める熱き男!石垣幸二とは?

クマノミ

クマノミ

7月27日(木)よる11時58分より放送のクレイジージャーニーに「世界を巡る水族館の仕掛け人」として出演する石垣幸二さんをご存知でしょうか?

有限会社ブルーコーナーという「水族館への生体販売」などをしている会社の代表で、沼津港深海水族館の館長さんでもあります。

石垣さんはちょくちょくテレビに出演されていますよね。

「爆笑問題の深海WANTED」や「ペットの王国」など多くの番組に出演されていますし、また監修もされているようです。

有限会社ブルーコーナーは「水族館への生体販売」の他にも「ペットショプへの卸販売」「大型活魚トラック輸送」「特殊水槽設置・メンテナンス」もしています。

さらに、「『海』イベント企画プロデュース」や「テレビ番組制作協力」も請け負っているようです。

なんだか忙しそうですね。

スポンサーリンク

石垣幸二さんとは

静岡県下田市で生まれ育った石垣さんは大学卒業後10年間サラリーマンをしていましたが、どうしても故郷の海が忘れられずに家族がいながらも2000年に脱サラし、もらい物の中古の水槽と小さなプレハブでブルーコーナーを始めました。

しかし、経営とはそうそう上手くいかないもの。

どん底のときの恩師の言葉で「世界で最も信頼される水族館生体納入業者になること」を心に誓った石垣さん。

このとき「世界一のサプライヤーになる」と決意したのでしょう。

その後「水族館に来るお客さんで魚好きは1割もいない」という言葉から、魚に興味のない人たちに対する水族館での表現方法や展示方法を模索し始めます。

そして、脱サラから約12年後、「地元の人が自慢できる施設を作りたい」との思いに共感して沼津港深海水族館 シーラカンス・ミュージアムの館長に就任します。

深海魚だけじゃなく、海洋生物全般が好き

沼津港深海水族館 シーラカンス・ミュージアムの館長に就任したのが2011年ということで、深海魚を含めた海洋生物全般がお好きなようですね。

どのくらい海好きかというと

「一生をかけて海のスペシャリストになりたい…」

というほど。

現在は

「世界一のサプライヤーになる」

と決意しているんだとか。

もうすでに世界一のサプライヤーなのではないでしょうか。

少なくとも「世界一の海洋生物供給者」ではありますよね!

石垣さんは講演や執筆もしています。

講演も聞いてみたいですが、本も読んでみたいですね。

7月27日のクレイジージャーニーでは

『世界を巡る水族館の仕掛け人』

海の生物を捕獲し、世界中の水族館に供給する熱き男!

世界でも数少ない、その活動の全貌公開 ブルーコーナー

として放送するようです。

海外に直接魚を採取に行ったり、底曳き漁に乗ったりしたようですよ。

予告で「ヤマトカラッパ!」と叫んでいる場面がありましたが、乗っている船がなんだか日本のものではなさそうな・・・

海外っていったいどこなのでしょうか?

気になりますね。

7月27日(木)見なければ!!

もう一人の「水族館の仕掛け人」水族館プロジューサー中村元さんについてはこちら