夏はサングラスよりもブルーライトカットのメガネをかけるべき

サングラスの女の子とPC

サングラスの女の子とPC

「日傘はさすけどサングラスはちょっとなー」と敬遠してましたけど、目から日焼けするって記事を読んでサングラスを買うべきでしょう!と考えをあらためました。

しかし、サングラスを調べてみると奥が深いですわー。

サングラスだけじゃなくて最近はブルーライトをカットするメガネも巷にあふれていますしね。

「サングラスじゃブルーライトをカットできないの?」

「ブルーライトカットのメガネでは紫外線をカットできないの?」

いろいろ疑問が出てきましたので調べたことを書いてみます。




太陽対策【やかないサプリ】

スポンサーリンク

色つきなら紫外線をカットするのか?

まずはサングラスについて。

昔は「黒ければサングラスだろう」と思っていましたが、きちんと紫外線カットしていない色つきのメガネはかえって目の中に紫外線を入れてしまうのだと知りました。

というのも、暗いと瞳孔が開くからで、瞳孔が開くとたくさん光を取り入れてしまうからなのです。

瞳孔が開き、そこに紫外線がカットされずに入ってくると思うとぞっとしますね。

しっかり紫外線をカットして角膜炎、翼状片、白内障などにならないようにしたいものです。

あまり外に出ない人には

「紫外線をカットするメガネは欲しいけど、実はあまり外に出ないんだよね」って方もいらっしゃるのではないでしょうか。

私もそうですが、外出よりパソコンの前にいるほうが長かったりしますよね。

それならブルーライトカットのメガネのほうがいいんじゃないかと思ってしまう。

ではブルーライトカットのメガネは紫外線をカットしないのでしょうか?

ブルーライトと紫外線

ブルーライトを発するものはスマホ、パソコン、テレビ、蛍光灯、太陽の光などなど。

現代の日本に暮らしていれば必ず目に入ってしまうものばかりです。

ブルーライトとは目で見ることのできる光の中で一番強いもの。

目で見ることのできる光、つまり可視光線は400~800nmです。

ブルーライトは380~500nmで、400nmより短くなると紫外線です。

あれ?紫外線のなかにもブルーライトが入り込んでいませんか?

紫外線-紫-青-緑-黄色-橙-赤-赤外線

ブルーライト 380~500

~~~~400~~~~~~~~~~~~~780~(nm)

見えない→|←――――見える――――→|←見えない

そりゃまぶしいわけだ。




太陽対策【やかないサプリ】

サングラスでブルーライトをカットできる?

サングラスの紫外線透過率のあたりを見てみると、「UV400nm」と書いてあったりします。

これがどのくらいの紫外線をカットするかという表示ですが、UV-Aをカットしたいのだから

UV400以上のものがよさそうです。

ブルーライトは380~500nmですが、UV500というのは見たことがありません。

青い色も見えなくなってしまうのでしょうか。どうなのでしょう。

最近は「UV420」というレンズも出てきましたが、まだJINSなどには出回っていないようです。

レンズ自体の値段が高いみたいですので、私には手が届きません。

もし「高くても良いメガネが欲しい!」という方は「UV420」を探してみてくださいね。

さてでは、サングラスでブルーライトがカットできるのかというと、表示では400nmまではカットできそうですよね。

つまり380~400nmまではカットできるということになりそうです。

ブルーライトカットのメガネで紫外線がカットできる?

では、ブルーライトカットのメガネで紫外線がカットできるのかというと、「紫外線透過率:0.1%以下(カット率99.9%以上)」と表示があるので問題なくカットできているようです。

ということは、ブルーライトカットのメガネでサングラスの代用が出来るということになります。

よし、ブルーライトカットのメガネを買おう!

外出用とPC用

ブルーライトカットのメガネを買えばよいということがわかりましたが、では何%のカット率がよいのでしょうか?

色つきの方がブルーライトカット率は高い。けど、うっすら色がついてるってあやしい人っぽいんですよね。

クリアレンズを外出用に買うべきか?

いっそ2つメガネを持つとか??

ここは少し迷うところですな。

JINSのメガネ

JINS SCREENは3,000円+消費税から購入できるようです。

高くても5,000円+消費税。

ブルーライトカット率は、25%、38%、60%とあり、25%はほとんど透明のレンズですが、60%となるとはっきり色がついてますね。

いずれも「紫外線透過率:0.1%以下(カット率99.9%以上)」とあります。

パソコンの前だけで使うなら色のついている60%カットのものでもよさそうですが、外に出ることを考えると38%か、できれば25%のほぼ透明なレンズがいいかも。

どれを買うか

まだ迷い中ですが、間をとって38%かな。

【JINS SCREEN HEAVY USE 38%cut】スクエア 税込3,240円

これが気になります。

軽いというのも魅力的。

フレームのカラーもたくさんあって自分の好きな色が選べますね。

レンズにはごく薄いブラウンの色がついているようです。

若干あやしげになるのはこの際しかたないと思いましょう(笑)

JINS” target=”_blank” rel=”noopener”>JINSのサイトはこちらです。