UVカットして紫外線対策するロングカーディガン(サマーカーディガン)で日焼けを防止する!上着・羽織りものの生地について

エステできれいになった女性

エステできれいになった女性

できるだけ顔以外は日焼け止めを付けたくないので、夏でも上着を羽織って紫外線を防ぎたいという場合、UVカット性能のあるパーカーやカーディガンを着用しましょう。
最近はサマーカーディガンとかロングカーディガンとして紫外線対策のためにUVカットされた涼しいカーディガンなどを着ている方が多いように感じます。
下着や肌着にUVカット性能のあるものを着用するのもよいですね。
素材によっては吸湿性・速乾性に優れているものもあるので、汗をかきやすい夏にはぜひ活用したいです。

スポンサーリンク

UVカットの仕組み

なぜ着るだけで紫外線をカットできるの?と思いますよね。
その加工方法は主に2種類あります。

紫外線吸収剤を生地表面に付けるタイプ

綿などの天然素材に使われる
洗濯のたびに吸収剤が剥がれ落ちる
ワンシーズンで効果が薄れる

紫外線反射剤を繊維に練り込むタイプ

ナイロンやポリエステルなど化学繊維に使われる
生地に特殊セラミックや酸化チタンが織り込まれている
特殊セラミックや酸化チタンにより太陽光を乱反射させる
繊維に反射材を練り込んであるので、洗濯しても反射剤が剥がれ落ちることは少ない
赤外線も反射させるので生地の内側が暑くなりにくい
可視光線も防ぐので透けにくい
紫外線カットの効果がワンシーズン以上もつ可能性が高い

ワンシーズンで定期的に買い替える必要性については、「UVカット加工の日傘の寿命」についてなどの記事でも書いています。

UVカット100%の完全遮光の日傘はやっぱり日本製!紫外線アレルギー対策には日傘の色や素材、寿命を知ってしっかり選ぼう

濃すぎる色のサングラスはかえって目によくないのか?夏の眩しい陽射しに負けないサングラスの選び方

太陽光線と手

注意点

乱反射させて紫外線をカットするということは、アスファルトからの照り返しのように服に当たった紫外線が顔に当たるということです。
顔には必ず日焼け止めを付けましょう。

敏感肌さんが選ぶべき石鹸で落ちるクレンジング不要の日焼け止めと使い方・落とし方のコツ

生地の密度

カーディガンの生地はニットが多いですが、できるだけ密度の高いものを選ぶとよいですよ。
生地の目が粗いとどうしてもその隙間から太陽光が入ってしまいます。
しかし、密度が高いと風が通り抜けにくくなり、通気性が悪くなってしまうので、どこで折り合いをつけるかが大事になってきます。
その他、紫外線対策にはサングラスなども有効です。

日本人の女性に似合うサングラスの選び方

紫外線アレルギーの原因と症状は?治療方法はある?予防と対策を考える

UVカット性能のある生地

「サラクール®」

「ボディシェル」

「レクチュール®」

「スペースマスター®UV」

一枚羽織るだけ

たった一枚羽織るだけで紫外線対策ができるのですから、UVカットのサマーカーディガンを活用しない手はありません。
紫外線をカットしてシミやしわなどの老化を防ぎましょう!

クリアレンズのサングラスは紫外線をカットする効果があるの?まぶしくはないの?